スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
学生うさぎの本音

実習が終わった学生うさぎさん達とお話。

usans11.gif

『今回の実習はすごいよかった!』
という声が複数から聞こえたので
「へ~、何が良かったの?」
と聞いてみました。

すると
『病棟がよかった』
『看護師・指導者さんがよかった』

そうなんだ。なるほど。
で、具体的に病棟や看護師さんの何がよかったの?

『朝や帰りに挨拶をしたら、私達の方を向いてくれた』
『忙しそうだったけど、〇分待って!と指示が的確だった』
『〇分後には戻ってきて、報告を聞いてくれた』
『答えはくれないけれど、導いてくれた、一緒に考えてくれた』
『看護師さんがなぜそう考えるのか、説明してくれた』
『たまに気にかけて、学生に声をかけてくれた』

『看護師さんたちが患者さんに対して優しかった』
『認知症の患者さんにもきちんと対応していた』
『看護師さんが患者さんのために一生懸命だった』
『看護師さんの技術がすごかった。患者さんが気持ちよさそうだった』
『患者さんが看護師さんの名前を覚えていた』

etc... etc...
usans13.gif

場所は急性期病棟。看護師さんたちも大忙し。
忙しさのあまり学生うさぎさんとの時間が取れなかったり、
口調が荒くなってしまう場面もなくはなかったハズ。

何か特別なよいことがあったわけでもない。

よく見てみれば、学生うさぎさん達が「良い」と言っているのは
なんだか至極、当たり前のことばかり・・・。

でも学生うさぎさん達の喜びの様子を見ていたら
この当たり前の対応が、日頃、できていないのかな…と。
やっているつもりでも、そこに初めて入ってきた人には
そう感じられない雰囲気なんだろうな…と。
看護師の患者さんへの対応が、
患者さんを尊重できていないと
感じさせることも多々あるのだろうな…と。

もちろん、学生うさぎさんたちが感じ取れない部分は
たくさんあると思いますし、誤解もあるかも知れませんし、
看護師が患者さんにただ優しくすればよいわけでもないので、
学生うさぎさん達の意見がすべてだとは思いません。

看護師だって頑張っているのですから(笑)

でも、こうやって入ってくる外からの目の意見は
とてもとても重要なものだな~と思います。

当たり前のとても小さなところに
実習うさぎさんの実習満足度もあるんですね。


スポンサーサイト
うさぎの伸び率

実習に対して
やる気のなさそうな学生うさぎが出現した場合、
みなさま、どのように対応していますか?

usans6.gif

この間、実習にきた学生うさぎ(3年生)の1匹は
本当に本当にやる気がなさそうで、かったるそうでした。
アドバイスをしても「ああ・・・はい」と
メモを取るわけでもなく、かったるそうな返事。
観察項目を挙げてくるように指示しても、抜け抜け。
バイタルサインを測定させたら、マンシェットが満足に巻けない!
日数が経ってもアセスメントは白紙で真っ白!
ベッドサイドにあまりいかず、電子カルテとにらめっこ。
・・・君、今まで、何をしてきたんだ(怒)!
usans7.gif

さすがにこの状態、受け持ち患者さんに対して失礼ですよね。
他のスタッフさんもその態度に呆れられがちになっていました。

週末、学習やアセスメントについて
「分からないのならば一緒にやるけれど、どうするの?」
と聞いてみると、「できると思います・・・」とのお返事。
じゃあ・・・と少し聞いてみたけれど、全然答えられない。
さすがに見るに見かねて、放課後、一緒に残ってアセスメント。
正確には、あ~だこ~だと言いたいことを言ったのみ。

この時点で私の頭の中には
「勉強が分からない」=「やる気が湧かない」
という方程式が出来上がってしまっていました。

おせっかいかな?とも思ったのですが、
やはりココで抑えておかないと、患者さんにも迷惑がっ!
そう思って、こちらも必死だったのです。
(よく考えれば、自分自身の保身のためですよね、コレって)

* * *

しかし実習2週目に入ると、学生うさぎに変化が!
日々の記録が充実し、アセスメントが形に!
患者さんのベッドサイドにも積極的に行くようになり、
看護師に情報をもらったり、情報を伝えたりする姿が・・・。

「どうしたの。やる気でてきた?」
『・・・なんか、わかってきた・・・(照笑)』

それから、その学生うさぎはまるで別人のように
実習にのめりこんでいきました。本当に別人のように。
患者さんの合併症出現のリスクが高まり、
患者さんが不安を学生うさぎに打ち明けたのも
ポイントだったのかもしれません。

usans8.gif

やる気のなかった学生うさぎが、一生懸命、患者さんに向かう。
その様子をみていて、なんだかすごく驚いたのと、
自分なりにいろいろ調べて、分析してくる様子を見て、
何が起こったのだろう?という疑問符が浮びました。

実習最終日の学生うさぎの感想は素晴らしいものでした。

「こんなに楽しかったのは初めてだった。
1週目は辛かった。前の実習もそうだったけど、
看護ってなんだかよくわからないし、つまらないと思っていた。
でも回復していく患者さんを見て、アセスメントしてわかってきたら
これが看護なんだってわかって楽しくなった。
もっと知りたいって思った。良くなってもらいたい。」

学生うさぎのやる気のなさは、ただ単に
「勉強がわからない」=「やる気が湧かない」
だけではなく
「看護がわからない・つまらない」=「やる気がない」
も含まれていたということだったんですね。

学生うさぎなりに、看護がどういうものなのかが分かった。
それをきっかけに、まるでコップの水があふれるように
学んだことがあふれ出し、学生うさぎが成長した。
その伸び率たるや、ハンパない!

伸びるときがくれば伸びるものなのだな・・・。
足りない足りないと思っていたコップの水は、
もう満杯であふれる時を待っていたんだな・・・。

本当に本当にびっくりしました。

usans9.gif

「こんなにアドバイスしたんだから・・・」
そんな風に考えて、やってくることに過剰な期待を持ち、
アドバイスした分だけ学びがあって当然だろうと思い、
時間と学びは相関するといった勝手な認識をつくり、
それに沿わない学生うさぎに対して
苛立たしさや焦りなどを感じてしまいました。

でも時間と学びが相関関係であるなんて誰も言っていない。
この学生うさぎのように、コップの水が溢れ出すように
伸びる、成長するにはタイミングがある。

そうか・・・教育って、そういうのを待てるかどうかなんだな。
学生うさぎの成長を信じられるかどうかなんだな・・・と。
また、教えるだけではなく、自ら気づいてもらえるような
働きかけがとても大切なんだなと改めて実感しました。

知識の上では分かっているつもりでしたが、
やっぱりわかっているようで、わかっていなかったですね。

看護を教えるって、本当に難しい!
でも、患者さんとの関わりがこんなにも学生を成長させる。
患者さんの力を実感するとともに、学生うさぎの成長に
なんだかとても勇気づけられ、感動してしまいました。

何もできなかったけれど、なんだか逆に学ばされました。
学生うさぎの学びの良きサポーターでありたい・・・。
そんな風に思います。

そして最後に
「できないから学生なんだよ」
という某氏の言葉をきいて、
「そうだよね・・・そうだった」と妙に納得したのでした。

nurse27.gif

う~む・・・拙者、まだまだ修行が足らんでござる(汗)

実習嫌い!

実習
好きですか?or嫌いですか?

usans1.gif

学生うさぎさんにとって
臨床実習は必須項目。
いくら嫌いでも、看護師になりたいと考える以上
避けては通れないものです。

臨床にでたら毎日が臨地実習というか
臨床がホームグラウンドになります。
そう考えると「実習嫌いって、どないやねん?」なんて
・・・ちょっと思ったりしませんか?

usans4.gif

なぜ実習が嫌いなのか。

カンジャサンとジョウズにカカワレナイ。
ナニをしたらよいのかワカラナイ。
ケアにジシンがモテナイ。
キロクがオイツカナイ。
ガッコウのセンセイがコワイ。
カンゴシサンがキビシイ。
ビョウトウのフンイキがワルイ。
グループメンバーがビミョウ。
タンにダルイしメンドクサイ。
ネブソクがツライ。

usans2.gif

・・・いろんな理由はあると思います。
かく言う私も、実習は本当に嫌いでした。
いっそなくなればいいと思っていました。

患者さんとの感動の思い出があるわけでもない。
看護師さんや先生に褒められた思い出があるわけでもない。
できたとか楽しいとかそういう手ごたえもない。

でも、患者さんに拒否されたり、怒られたりしたわけでもない。
怖い看護師につっこまれたけど、いじめられたわけでもない。
だけど毎日、実習しながら
「看護師って毎日こんな感じなの?耐えらんない・・・」
と思っていました。
(なぜそう思っていたのか、今となっては不鮮明ですが)

きっと就職しても、長くは続かない・・・
ダメなら途中で他の道に転職すればいいか・・・
看護師だけが人生じゃないよ・・・
資格だけ取れりゃいいか・・・
はやく実習なんて終わればいいのに・・・
そんなことばかりを考えて、実習をこなしました。
Oh!超!ダメ学生です(笑)

だから「実習が嫌だ」という気持ちは
私なりにすごく理解できる気がします。
そんな実習をこなしていたせいでしょうか?
私には実習の思い出がほとんどありません。

覚えているのは
ラジエーションの患者さんと通った長い廊下。
医師と対等に治療方針について語る小児科の子供。
怖かった外科ナースが毎日していたロレックスの時計。

・・・本当にこのくらいしか覚えていません。
いっそ、可哀相ですよね(笑)

usans3.gif

だから実習で
感動したとかすごく学べたという人は本当に羨ましいです。
そういう実習になるのが本来のカタチなのかな?
そういう風に学べないと、ダメなのかな?
そういう風にならないと、看護師に向いていないのかな?

当時は、たぶん悩んだと思います。


* * *


でもそんなダメ学生だった私も
気づけば早○○年、看護師を続けています。

usans5.gif

臨床に出てからのほうが
患者さんとうまく関われなかったり
辛いことや悲しいことを言われたり
先輩や医師に怒られることも増えたり
失敗したり、泣いたりしたのに、
そういうことを経験してはじめて
「看護って面白いかも・・・」
と思えるようになりました。

嫌なこともいっぱいあります。
でも楽しいことや嬉しいことが、多分その倍あります。
自分の中に芽生えるたくさんの感情を
感じて、受け止めて、消化して、乗り越えてきたから
今、ココにいるんだろうなと思います。

* * *

実習を目の前に、もしくは実習が終了して
気分がブルーになっている学生うさぎさん。
実習は辛くて、苦しいものだと感じるかもしれませんが
実習だけで、看護がどんなものかを判断するのは時期尚早みたい。

実習が嫌いだって思ってもいいと思います。
無理に好きになる必要はないし(なれればベリーベストですが)
いつもうまくいくなんて保障もありません。

実習が嫌いでも大丈夫。
少なくとも、ここに一人、大丈夫だった人がいます(笑)
頑張って実習を乗り切りましょう!

(でも、患者さんを受け持たせていただく以上、
患者さんを尊重して、責任は果たさないといけないですよね)


*イラストは、メ○カルさまのご好意で描かせていただいたものを
若干使いまわしです。メ○カルさま、有難うございました。

100回記念国試

看護師国家試験の時期がやってまいりました。
100回記念大会ならぬ100回記念試験!
初めて日本で看護師の国家試験が行われたのが1950年!
歴史にして61年・・・なんですね。

決戦の日は2月20日です。
看護学生諸君、頑張れ~!

nurse8.gif

周りの看護学生さん達から
「焦る~」「不安~」という声、
「もう頭に入りません~」という声、
「最後は何をやったらいいの~」という声!
いろんな声が聞こえてきます。

「結果を出さなくてはいけない」という焦り。
「もし結果が出なかったらどうしよう」という不安。
そりゃあプレッシャーがかかりますよね。
プレッシャーと戦いながらの勉強!キツイですよね。

teststudy.gif

ワタクシの経験上、もうここまできたら
あまり新しいことには手をつけないほうが・・・と思います。
下手に新しい問題集などやって
その問題集が解けないものばかりだったら
逆に自信喪失状態に陥ってしまって
できるモノもできなくなってしまいそうだからです!
(ヨヨコはチキンハートなので・・・)
ろくなアドバイスになりませんね。

もう最後は国家試験過去問題集をひたすら解く!
解いて、解いて、暗記、暗記!
焦らない、焦らない!
焦ると今まで覚えたモノも、飛んじゃうよ!

見ているほうもハラハラです。
残すところ、あと10日!Go for it!!!

89.5%でした。

国家試験の合格発表が終わりましたね。
受験者の皆様、本当にお疲れ様でした。そして!

usa24.gif

今年度の合格率、既卒者合わせて89.5%なり。
そして全国47340人の看護師仲間が加わりました。
合格発表が終わったと思ったら、3月ももうすぐ終了。
あっという間に現場ですね。
でも、みんな皆さんの登場を待っていましたから!

- - - - - * - - - - - * - - - - -

さて、我がブログの勝手な決まりごとですが恐縮ですが
看護学生さんは”うさぎさん”
新人看護師さんは”森のくまさん”
にチェンジして描かせていただいております。
どうして?・・・別に理由はありません。
最初にそう描いてしまったからというと
元もこもありませんが、そんな程度の決まりごとです。

しかし友人がそれを疑問に思ったらしく
「どうやってうさぎさんから森のくまさんに変わるの?」
しつこく聞くので、勝手に説明させていただきます(笑)

学生うさぎさん達は、卒業式が終わると
就職までの間に以下のように変化していくのだ!
にょ~~~ん☆

usa25.gif

ご理解いただけたでしょうか?

ちなみに昨年、新人看護師だった森のくまさん達も
今頃どうなったのか気になるところですね。
そのあたりも、今後追跡調査をかけたいと思います。
なんといっても森のくまさんは絶滅危惧種ですから(笑)
大事に育てなくてはいけません!

そして森のくまさんを育てるスペシャリストといえば
友人ナース:N美!
(仕事話:仲間たちの2009/04/09記事をごらんください)

minins125.gif

そろそろ、貴方の出番なんじゃないの~?
『来たね・・・森くま2010!来たね!来たね!』
N美の大活躍についても、また語りたいと思います。

TOP
preface


welcome
ご訪問いただき有り難うございます。当ブログはナースyoyocoの日常を綴った”勝手に看護覚え書”です。ほぼ自己満足で出来上がっており、医療に役立つ内容にはなっておりません。日々働く中で考えたこと、感じたこと、そして周りの楽しい仲間達について、私的視点から描いています。興味のある方はどうぞご覧ください。

Attention
画像と文章を無断で使用することはおやめくださいませ。下手なりに一生懸命描いております。

what's new
memo


更新速度停滞注意報発令中!
コメントや拍手をくださる皆様、有り難うございます。仕事の都合上、お返事が遅れてしまう場合が多々ありますが、気長にお待ちいただけると嬉しいです(汗)本当に申し訳ございません。陳謝!

ログ部屋建設計画・・・頓挫中。

link



★Inexperienced worker★
音楽好きのお友達アッキーのブログ。

counter

timer


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。