スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうすりゃいいの?

某大学病院外科に就職した森のくまさんが
お話しにやってきてくれました!
就職してから約半年。さてさて、その後如何ですか?

『ちょ~辞めたいっす!!!』
・・・これはまた、強烈な先制パンチをいただきました(汗)

teatime1.gif

『聞いてくださいよ!
”何でできないの?”って、いつも言われるんですよ。
そんなの俺が知りたいって感じっすよ!』
・・・おおっ!かなりキテますね(汗)

『分からないことは自分から聞きに来いっていうから
聞きに言ったら、そんなの自分で調べろって言われるし
自分なりに一生懸命やったのに足りないって怒られるし
それで聞きにいったら、今更聞きにくるなって言われたっす!
もう!いったいどうすりゃいいんですかっ!!!』
・・・う~ん。それは大変だ。

『できないと溜息ついたりするし
話しかけても、すぐに答えてくれないし
1回教えたんだから次は教えないよって言うし。
1回で完璧に覚えられるものとは限らないじゃないですか!
”何でできないの”って言うんなら
俺ができない原因を教えてくださいって感じっすよ!』
・・・むむむ・・・なんかギスギスしてるのかなぁ?

『できるようになりたいっす!
頑張りたいっす!迷惑かけたくないっす!
・・・でも、仕事じゃなくて人間関係がツライっすよ・・・』

いろいろ吐き出したあと
彼は一緒に来ていたお友達と遊びに行きました。
ストレス発散してこいよ~☆

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

一方、グリズリーさんともお話する機会がありました。

『ちょ~辞めたい!あ~ホント、辞めたいよ~』
・・・おやおや、グリズリーさんも辞めたいご様子(汗)

teatime2.gif

『だってさぁ、今年の森くま、全然育たないんだもん!
年々、大変になる気がするんだよね~(泣)』
・・・おおっ!こちらもまた、大変そう(汗)

『観察項目は何を見たらいいですかって聞いてくるしさ。
聞く前に自分で調べて来いって思わない?
そこ、聞くところ?!って思うじゃない?
調べて来いっていっても調べてこないしさ。
調べて分からないんならとっとと質問にくればいいのに
おい、今更ソレかよってことを平気で聞きにくるんだもん』
・・・あれ?それって、なんか聞いたような?

『答える気力もなくなっちゃうよ。
それでも忙しい中、教えなきゃいけないし
1回言われたことはメモしろって感じだよね。
覚える気があるのかって思う時があるよ~。
忙しい時に限って声かけてくるから答えるに答えられないし
タイミング見て、声かけてくれよ~って泣きたいよ!』
・・・あらら?なんか森のくまさんと言ってることが裏表?

『早く一人前になってもらいたいよ。
めげないで頑張ってほしいよ。
なんでお前のプリはできないんだって言われるからツライよ』

グリズリーさんは、ミスドをしこたま食べてお帰りになりました。
こんどは、ケーキバイキングに行こうね~☆

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

ningyougeki.gif

お二人は、もちろん違う病院の看護師さんです。
でも、お二人の話を聞いていたら
「育てる側」と「育つ側」が
なんだか背中合わせで立っているように感じました。

とても近いところで同じような問題を抱えているのに
裏と表は近くて遠い世界なのかな。
ちょっと向きを変えたら、お互いすごく近くにいるのに
すれ違ってしまうのはコミュニケーション不足なのかな?

現在私は、「育てる側」であり「育つ側」でもあるという
なんともニュートラルな立場におりますので
どちらの言い分も「わかる~!」と思ってしまえる立場です。

難しいですよね・・・。育てる側も育つ側も。
育つ側は育てる側から育てられているワケだし
育てる側だって育つ側から育てられているワケだし
お互いの相互関係性なんですけれども・・・。
上手くいかないのは、相手側のせいにしたい!と
ついつい私も思ってしまいがちです。

ただ、看護の楽しさがわかる前に
人間関係の重圧に圧されて看護を離れてしまうのは
ちょっとツライし、カナシイなと思います。
でも、人間関係が上手くいかない状況で
看護を楽しめる人も少ない気がしますので
これも裏腹、難しい問題なのかな・・・と。


♪  ♪  ♪

かく言う私も、最近無駄にイライラすることが多くて
いかんな~、癒されたいな~と思う毎日です。
自分で自分を癒したい!
そこで、お気に入りキャラを真似してお絵描き。
テレビ東京「空から日本を見てみよう」でお馴染みの
”くもじい”と”くもみ”です。和む~。

kumojii.gif

スポンサーサイト
役者魂?

Jさんは昔
俳優プロダクションに所属していたことがあるという
ちょっと変わった経歴をお持ちのアラサーナースマン。

驚くほどの滑舌の良さ!
そして通りの良い大きな声!
ちょっとコワモテなワイルドな面持!
キビキビした動きと頼りがいのある性格!
そんなこんなで患者さんからも親しまれています。

・・・・・・・・・・・がっ!!!

「Jさん!受け持ち患者さんの点滴が終わりそうだよ~!」
『えっ?!本当ですかっ!』
「6013号室の患者さんだよ~!」
『わかりました!とぅ!!!』

nsboy1.gif

・・・「とぅ!!!」って・・・
リアクション、デカッ!!!
動きが俳優さんだなぁ・・・(汗)

疲れ知らずな彼。
いつも元気で、やる気満々!
彼の様にしていると、いつも元気でいられるのかしら?
ちょっと真似したい衝動に駆られます(笑)

「私もマリリンモンローみたいな
ナースを演じてみようかなぁ・・・」
『何言ってんの・・・無理無理。
しかも彼は演じてるんじゃなくて地だよ?』

恐るべし、染みついた役者魂(・・・かどうかは不明です)!

でも自分が辛い時も、疲れていても
患者さんに笑顔をむけるという意味では
看護師も役者魂があるのではないでしょうか?

時には優しい母のように、厳しい姉のように、慕ってくる妹のように
できる秘書のように、清楚な受付嬢のように、頼れる上司のように
口やかましい隣人のように、何も言わずに寄り添う友人のように
なんだかんだと、いろんな役割を演じているのでしょうか。

クリスマスモード

寒さ到来!
そして街がクリスマスモードです!
赤と緑、金と銀。華やかになってきました。

某所の巨大クリスマスツリーも点灯し始めました。
キレイですね~。

病院のエントランスホールや病棟のデイルームなどにも
クリスマスツリーが飾られはじめる時期です。

クリスマスツリーといえば、オーナメント!
芸術品ですね。大好きです。
あまり詳しい意味は知りませんが
林檎や赤玉は永遠の命を
赤白のステッキは助け合い心を
テッペンのベツレヘムの星は希望を
表すようなことを、昔、聞いたのですが・・・本当かな?
どなたか詳しく知っていたら、教えてください(願)

treegirl.gif

↑飾り付けを待つモミの木娘。
横でサンタさんが「まだ早いっ!」と言っております。
まだ11月。でもあっという間に12月がやってきますね。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

P.S
ブログ拍手からコメントを下さる方々
どうもありがとうございます!
鍵付コメントなので、お名前をオープンに
できませんが、感謝感激でございます(嬉)


↓【続きを読む】は拍手コメントへのお返事です。

read more→
実習うさぎ【最終編】

みなさん、こんばんは。
実習うさぎさん達の実況中継最終回です。
1回目は5/26の記事【初日編】
2回目は9/16の記事【中間編】
やっと三部作完成しました~。時間かかりすぎだろ~(汗)
愛情を込めて、レポートいたします。

では!「めだかの兄弟♪」でどうぞ!

♪ズンチャッチャ~♪ズンチャッチャ~♪

_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-( ・(ェ)・ )-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_

♪受け持ちうさぎが~拒否されて~♪
♪ケアができずに 泣いている~♪
♪必死で計画 立てたのに~♪
♪一生懸命 立てたのに~♪

usa8.gif

♪シクシク~メソメソ~何がダメ?♪
♪シクシク~メソメソ~どうしよう!♪

♪結局いろいろ~考えて~♪
♪なんだかひらめいた!ピンポン!♪

うさぎ指導者「えらいね~ああやって考えるところ。天晴れ!」
うさぎ先生「うん、根性ありますね」

患者さんからの拒否・・・
患者さんには「拒否」なんて大げさな気がなくても
「あ~今日はいいよ」という何気ない言動で
学生うさぎはかなり落ち込みます。

そんな時、落ち込んでいるのは自分である=自分主導だということに
ハッと気づいてもらえるといいな~と思います。難しいですけど。

落ち込むなといっているのではなく
その先が重要なのだと思います。
なぜ患者さんは「いいよ」と言ったのか・・・。
「ケアの説明が悪いのか」「気分が乗らないのか」「体調が悪いのか」
患者さん主導に切り替えて考えてみてください。
きっと何か見えてきます!


♪ズンチャッチャ~♪ズンチャッチャ~♪

_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-( ・(ェ)・ )-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_

usa16.gif

♪受け持ちうさぎが~病室で~♪
♪患者に援助を~勧めてる~♪
♪ケアのやり方~立て直し~♪
♪ニードを考え~説明~♪

♪こうで~ああで~こうや~ると~♪
♪楽で~さっぱり~できる~かも~♪

♪聴いてて 患者も納得~♪
♪それならよろしく~♪OK!♪

さあ、実習うさぎさんは患者さんの安全安楽を考えて
ケアの計画を立て直しました。すると患者さんから了解が!
患者さんだって無下に「いいよ」といったわけではないので
ちゃんと説明して、納得して、ニードがあれば了解してくださいます。
別に意地悪をしようと思って拒否しているわけではないのですから。

もちろんそれでもお断りされてしまうこともあります。
もしそうだったならば、再度、理由を考えたらいいと思います。
自分で行き詰ってしまったら看護師さんや先生に相談しましょう。
周りにある資源(なんていうと失礼ですが)をどう活用するかもお勉強です。

usa17.gif

『どうですか~?』
「気持ちいいねぇ~、やってもらってよかったよ」


♪ズンチャッチャ~♪ズンチャッチャ~♪

_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-( ・(ェ)・ )-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_

♪受け持ちうさぎの~最終日~♪
♪お礼を言われて~泣いている~♪
♪アンタのおかげで~頑張れた~♪
♪素敵なナースに なっとくれ~♪

usa18.gif

♪たくさん学びを~ありが~とう~♪
♪病気の回復~祈り~ます~♪

♪いろい~ろ辛くて~泣いたけど~♪
♪ひと山 乗り越えた!ランラン!♪

さてさて、みなさん!実習は如何でしたか?
「よし!やった!」という充実感あふれる実習になる人もいます。
「もう!すごい辛かった」という嫌な気持ちで終わる人もいます。
「なんかよくわからない」という達成感を感じずに終わる人もいます。
いいんです。いいんだと思います。人それぞれです。

学生の頃、感動的な別れをしているメンバーをみて
「ああ、いいなぁ・・・」
と思ったことが何度かあります。
「私の受け持った患者さんは、泣いてくれなかったな」
「私の受け持った患者さんは、手紙をくれなかったな」
「私の受け持った患者さんは、あっさりしてたな」
学生時代、本当にいろんなことを思いました。
今思えば、なんて自己主導な!(笑)
何に価値を置いていたんだか!(笑)

今回の実習で「やった☆」と思えなくても大丈夫!

次の実習は、充実するかもしれません。
反対に嫌だって思うかも知れません。
そうやっていろいろな思いをしながら
患者さんに接すること、看護することが
どういうことなのかを考えていってほしいなと思います。
人間にとって糧にならない経験は、きっとないのだと思います。
どんなカタチであっても、この経験が
自分自身を作る礎の1つになっていくのだと思います。
(着実に、看護師になる階段を昇っているのだよ~)

usa19.gif

みなさん、実習お疲れ様でした!
(もうちょっとのうさぎさん達は、どうぞ頑張ってください)

離床センサー

患者さんの転倒や転落を予防するために
活用される通称”洗濯ばさみ”。
患者さんの寝衣などにつけておいて
外れると、ナースコールが鳴る仕組みになっています。
つまり、洗濯ばさみ型の離床センサーです。

jiji1.gif

失見当識があり、自分の居場所が正確に認識できない患者さん
せん妄などによって、安全に対する認識が不足している患者さん
筋力低下があり危険なのに、自分で動いて転びそうな患者さん
他にもいろいろ、とにかく転倒転落防止のための防護策です。

種類はいっぱいあります。
ベッドから起き上がったことを感知するベッドマット。
頭が枕から離れたことを感知するピローコール。
ベッドから下りたことを感知するサイドコールやフロアマット。
ベッド柵につかまったことを感知するタッチコール。
車椅子などから立ち上がったことを感知するクッションコール。
動いたら直ちに教えてくれる赤外線コール。
・・・う~ん、思い出せるだけでも、結構ありますね。
(上記が正式名称なのかはわかりません。通称ですかね?)

こういうものがあると、ついつい頼ってしまいたくなります。
センサーが鳴っていないから、患者さんはベッドにいますよね?
いえいえ。患者さんの動きは、結構侮れません!

jiji4.gif

外科に入院していたWさんは、御年96歳。
お耳も遠く、看護師の説明もご理解いただけたのかどうか
あやしい感じがいっぱいでした。
「お1人ではベッドから離れないでくださいね。
転ぶといけませんので、どうぞ看護師を呼んでください」
説明しても、目を離すとベッドから離れようとしています。
「コレは危ない!」
誰もが、Wさんの転倒転落を考え、ご本人とご家族に説明し
離床センサーをつけさせていただくことになりました。

その後、センサーは反応せず、看護師たちも一安心。
しかし!私は見てしまいました!Wさんの技を!

Wさんは、看護師がきた時、必ず”洗濯ばさみ”をしています。
看護師のラウンドが終わると、Wさんは行動に出ました。

jiji3.gif

”洗濯ばさみ”を外して、枕につける。
(洗濯ばさみをひらいた状態にしておけば、センサーは感知しません)
そしてお1人で、悠々とおトイレへ。
そして戻ってくると、枕につけてあった”洗濯ばさみ”を自分の肩へ。

jiji2.gif

そして次に看護師にきた時には、何気ない顔。
もちろん、受け持ちの看護師さんは気づきません。
あっぱれ!Wさん!ビバ!Wさん!

こういう場合、果たして離床センサーは
役に立っているといえるのでしょうか・・・?

jiji5.gif

看護師は患者さんの安全を考えて
そしてもちろん、患者さんの安全の認識度なども考慮して
離床センサーをつけるのですが・・・
「事故が起きてはいけない!」というリスクを考えるあまり
本当の患者さんの理解度を低く見積もってしまいがちなのかも。
そして安全を考えるあまり、患者さんの自尊心を
尊重できずにいることもあるのかもしれません。

Wさんの一件を見ていたら
なんだか申し訳ないやら、いたたまれないやら。
それでも、離床センサーを外すという選択が
すんなりとみんなで了解できないこの現実。
なかなか難しい判断なのです。


hanans.gif

みなさんの病棟では、いかがですか?
また、どうお考えになりますか?

・・・そして一言。パソコンがノロノロでじれったいよ~(泣)

TOP
preface


welcome
ご訪問いただき有り難うございます。当ブログはナースyoyocoの日常を綴った”勝手に看護覚え書”です。ほぼ自己満足で出来上がっており、医療に役立つ内容にはなっておりません。日々働く中で考えたこと、感じたこと、そして周りの楽しい仲間達について、私的視点から描いています。興味のある方はどうぞご覧ください。

Attention
画像と文章を無断で使用することはおやめくださいませ。下手なりに一生懸命描いております。

what's new
memo


更新速度停滞注意報発令中!
コメントや拍手をくださる皆様、有り難うございます。仕事の都合上、お返事が遅れてしまう場合が多々ありますが、気長にお待ちいただけると嬉しいです(汗)本当に申し訳ございません。陳謝!

ログ部屋建設計画・・・頓挫中。

link



★Inexperienced worker★
音楽好きのお友達アッキーのブログ。

counter

timer


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。