スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
熱いのが普通

「熱いモノは熱く、冷たいものは冷たく」
食事を美味しくいただくための大原則です。

病院で出される食事もこの原則に則り
保温の効いた配膳車にのって出てきます。
だから食事は確かに”温かい”。

しかし、”温かい”けれど
”熱い”わけではありません。

それに気づかせてくれたのは、患者Hさんでした。

入院中、Hさんは食事前に必ず看護師を呼んで
「悪いんだけど、熱くしてくれる?」と言いました。

配膳車から出てきた食事は、かなり温かいので
初めてHさんにそう言われた時
私の頭には「何故だろう?」と疑問が湧きました。
病院の食事は、結構温かくて、他の患者さんからは
美味しいと好評だったからです。

『結構、温かいですよ?』
そう返すと、Hさんは言いました。

「温かいのが食べたいんじゃないよ。
ホクホクするような、熱いのが食べたいんだよ。
温かいおかゆなんて気持ち悪いでしょ?
家と同じように味わいたいから、熱くしてよ」

・・・考えること数秒。
確かに。
”温かい”と”熱い”は違う。
その時、初めてHさんが求めているモノに気づきました。

Hさんの奥さんは専業主婦でした。
食事の時間になると、出来立てホヤホヤの食事が並び
Hさんは毎日、それを食べていた人でした。

出来立てホヤホヤの食事ってどんな感じでしょう?
ご飯はジャーからよそったばかりでアツアツ。
お味噌汁も沸かしたてでアツアツ。
お魚は焼きたてでハフハフ。
そうです。それがおいしさの基本中の基本でした。

病院という場所にいると
いつの間にか、当たり前の日常が切り離されて
わかっているはずのことが、わからなくなってしまう。

「病気して、ただでさえ食欲が落ちてる時に
温かいおかゆなんて最悪だよ?食べる気失せるって。
普通の御飯なら多少、冷めてても許せるけどさ、
食欲が落ちてるんならなおさら、アッツアツのおかゆとか
美味しいモノを出して欲しいってもんだよな。」

確かに。

配膳車の工夫や栄養科の工夫などによって
病院食は昔に比べて
すこぶる美味しくなったけれど・・・。

tns1.gif

美味しさって
そういう視点もとても大切。
もちろん個人差はあるけれど、目から鱗の瞬間でした。

スポンサーサイト
TOP
preface


welcome
ご訪問いただき有り難うございます。当ブログはナースyoyocoの日常を綴った”勝手に看護覚え書”です。ほぼ自己満足で出来上がっており、医療に役立つ内容にはなっておりません。日々働く中で考えたこと、感じたこと、そして周りの楽しい仲間達について、私的視点から描いています。興味のある方はどうぞご覧ください。

Attention
画像と文章を無断で使用することはおやめくださいませ。下手なりに一生懸命描いております。

what's new
memo


更新速度停滞注意報発令中!
コメントや拍手をくださる皆様、有り難うございます。仕事の都合上、お返事が遅れてしまう場合が多々ありますが、気長にお待ちいただけると嬉しいです(汗)本当に申し訳ございません。陳謝!

ログ部屋建設計画・・・頓挫中。

link



★Inexperienced worker★
音楽好きのお友達アッキーのブログ。

counter

timer


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。