スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
AMデイリー

某午前半日勤務。

nsday2.gif

前髪切りに失敗して、ブルーだった午前半日。

nsday.gif

毎日がなんとなく同じ繰り返しで
一日として同じことがない日々。

ただそれだけのこと。
なんとなく描いてみたくなりました。

スポンサーサイト
シーツ交換

かの有名な
ナイチンゲールの著書「看護覚え書」の中には
『ベッドと寝具類』という項目があります。

私が看護学生の頃は
「シーツ交換は看護師の大切な仕事である」
と教えられました。

しかし実際問題として
シーツ交換が業者委託されている病院も多く、
私が働いていた病院も例外ではありません。

先日、学生うさぎさんが就職内定を報告にきてくれました。
彼女は生まれ育った地域に帰って看護師をするそうです。
よかったね~とひとしきり喜んだ後、
うさぎさんから飛び出した言葉にビックリしてしまいました。

『ひとつ不満な点は、シーツ交換が看護師の仕事なんですよ。
今どき、そんな病院あるんだ!って驚いちゃいました。
それ以外は、すごくいいところだなって思うんですけど』

確かに学生うさぎさんが実習していた病院は
シーツ交換が業者委託でした。
でも実習中、シーツ交換は環境整備の大切なケアの1つだったはず。

私は学生うさぎさんに伝えました。

「私はシーツ交換を看護師の大切な仕事だと思っているから、
むしろ、看護師がやることには大賛成だよ。
看護師の業務負担軽減とかで、やむなく業者委託に
なってしまっているかもしれないけれど、
シーツ交換は本来、看護師の仕事だと思ってる。
だから、むしろそういう病院は逆に素晴らしいんじゃないのかな。
そういう病院だからこそ、なんか学べるんじゃないかな」

学生うさぎさんは
『あ~なるほど、そういう考え方もありますね~』と。

yellowbird.gif

かつてナイチンゲールは言いました。
(上記、ナイチンゲール代理・小夜鳴鳥モドキ)

『本物の看護婦というものは、
自分が受持つ患者のベッドは
必ず自分の手でしつらえるもので、
メイドにまかせたりはけっしてしない。
(中略)
病人にとって睡眠がいかに大切で、
その睡眠の確保のためには良いベッドづくりが
いかに必要かを考えるならば、
自分の職務のいちばん肝心な部分を
《他人の手》などにまかせられるものではない』
【引用:看護覚え書 改訳第6版 現代社(2000)p.142】

時代や社会背景が変わっても
こういうことって大切な気がするのですが
私は古い人間なのかな~と考えてしまいました。

『今や看護師より業者の人のほうがシーツ交換うまいですよね?』
う~ん、上手い・下手ということだけではなく、
患者の安全と安楽を考えると、やっぱり看護師の仕事だと
思うんですけれども・・・。

患者さんの状態に合わせて
看護師がやるべきところ、業者に任せていいところと
使い分けていっているのが現状ですかね。

たかがシーツ交換、されどシーツ交換。
シーツ交換っていうけれど、シーツを取り替えるだけでなく、
患者さんの生活の場を整える一大事業。

そんな風に考えるのは、今や大袈裟なのかな?

TOP
preface


welcome
ご訪問いただき有り難うございます。当ブログはナースyoyocoの日常を綴った”勝手に看護覚え書”です。ほぼ自己満足で出来上がっており、医療に役立つ内容にはなっておりません。日々働く中で考えたこと、感じたこと、そして周りの楽しい仲間達について、私的視点から描いています。興味のある方はどうぞご覧ください。

Attention
画像と文章を無断で使用することはおやめくださいませ。下手なりに一生懸命描いております。

what's new
memo


更新速度停滞注意報発令中!
コメントや拍手をくださる皆様、有り難うございます。仕事の都合上、お返事が遅れてしまう場合が多々ありますが、気長にお待ちいただけると嬉しいです(汗)本当に申し訳ございません。陳謝!

ログ部屋建設計画・・・頓挫中。

link



★Inexperienced worker★
音楽好きのお友達アッキーのブログ。

counter

timer


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。