スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人を育てる難しさ

人を育てることって難しいですね。

看護の初学者であるうさぎさんを育てるのは難しいし
新人看護師である森のくまさんを育てるのも難しいです。
もちろんうさぎさんや森のくまさん以外を育てることだって難しいし
グリズリーさんたちを伸ばして育てていくことだって難しい。

grows1.gif

いつまでも自分に若さと体力があって
第一線でバリバリ働いていられたらいいなと思います。楽しいですし。
でも人間、ほとんどの人が平等に年をとります。
体力だって落ちるし、記憶力だって落ちる。
いつまでも自分が第一線で働くことはできないし
やっぱり若い人たちが育っていかないと職場だって衰退してしまいます。

「バリバリできる人」でいることにも憧れますが
最終的には「人を育て、伸ばせる人」になりたいな・・と思うのです。

でも、人を育てることって、思った以上に難しいです。
人を育てることって根気がいるものですね・・・。
何しろすぐに結果がでるものではありません。
関わってはみたけれど、はたしてそれがどうだったのかという
評価は、一体、何をもって判断したらいいのでしょうか。

grows2.gif

一生懸命関わっても、なかなか芽がでないこともあります。
「何で芽がでないの?」
「愛情不足なんじゃない?」
やっと芽が出てきたのに枯れてしまうこともあります。
「肥料が良くなかったんじゃない?」
「厳しすぎたんじゃない?」
芽が伸び悩んでしまうこともあります。
「環境がよくないんじゃない?」
「育て方が違うんじゃない?」

周りのお花達がいろいろアドバイスをくれたりしますが
一筋縄ではいかないし、そんなに単純にはいかないし
アドバイスを生かしてやってみても、上手く結果がでないし
駄目だぁ・・・なんて自己嫌悪に陥りながら今日も芽を眺めています。


『芽がでたなっ!』

grows3.gif

『がんばれっ!』

grows4.gif

『あああ~~~っ!!!』

grows5.gif

いや~・・・どう関わったらいいんだろう・・・。


『最近の芽(若者)は、根性がない!
すぐ泣く、すぐ休む、すぐ辞める』
なんて言われております。
確かにそういう傾向はあるかもしれません。
でもガッツがある芽はガッツがあります。
しかし、そうじゃない芽は、本当に弱いなぁ・・・大丈夫かなぁ・・・と
感じさせられてしまうんです。すごく二極化してる気がします。

ゆとり教育の弊害なんてことも言われますが
それだけですか?それだけなんでしょうか???
なんかもっと根本的なモノからの影響を感じるのですが。

grows6.gif

『叱るな、泣かすな、辞めさせるな!』
・・・なんてスローガンみたいなことが言われていて
やけに温暖な環境で育てるように、上層部から指示がくることがあります。

何の不自由ない環境で育てたら、すくすく育つのでしょうか。
はじめは育つのかもしれません。でもきっと伸び悩むのではないでしょうか。
周りから与えられた生ぬるい環境がいつまでも続くとは限りません。
与え続けられていては、自分で何かを得ようとはしなくなるのでは?

grows7.gif

学生のうちは、まだいいかもしれません。
なんだかんだで守られています。
でも社会にでると・・・臨床看護の現場にでると
日照りの日があったり、台風の日があったり、雨の日があったりします。
むしろそういう日の方が多かったりするかもしれません。

あまりに生ぬるい環境で育てられてしまうと
そういう時の対処方法が身につきません。
ちょっと厳しい環境になっただけで、萎えてしまうかもしれません。
だって、今までそんな思いをしたことがないんですもの。

やけに温暖な生ぬるい環境で育てることと良い環境で育てることとは
決定的な差があると思います。
でも最近それが、混同されてしまってはいないでしょうか。

厳しい環境で生き抜けるようになって欲しいし
社会はそんなに甘くないぞという気持ちがあるから
ある程度ビシバシと厳しく接したいと思うのですが
そうすると「辛い、怖い、キツイ」となってしまい
お休みしたりしてしまう場合が出てきてしまうわけです。

もっともっと関係性を深めてから言わないと
ダメなのかもしれないな~・・・。
相手のレディネスからかけ離れてもダメなんだろうな~・・・。

芽が育たない、伸びないという状況を、芽のせいしてしまいたいです。
育てる側もキツイ。どうして育たないの!どうして届かないの?って思います。
こんなに努力をしているのに、上手く育たない芽がいけないんだって
・・・そう思いたい気分になってしまうことがあります。
できなさ過ぎだよ!向いてないよ!って思ってしまう時もあります。
何を根拠にって思うかもしれませんが、思う時がありました。

でも、芽だけのせいではなく、芽を取り巻く環境を作る
私達の態度や姿勢、心意気も無関係ではありません。
『最近の芽は・・・』で片付けてしまっていては・・・ダメなんですね。

grows8.gif

育てよう!教えよう!って思う前に
一緒に看護しよう!一緒に学ぼう!という感じで
少し前を歩きながらが・・・いいのかな・・・。
そして焦らないこと・・・なんでしょうか。
(でも焦りますよ~。だってできてもらわないと困ることも
たくさんたくさんあるんですもの・・・)

もっと広く深く大きな心意気が・・・必要なのでしょうかね。
あとは、ロールモデルになるようにすることなのかな。

「あの看護師さん、かっこいい!すごい!」
「あの人みたいになりたいな~・・・」
こんな人が身近にいたら、モチベーション上がりますよね。
「看護面白い!」「楽しいよ!」「好きだよ!」って気持ちを
発している人とか、夢中で、真剣にやっている人には惹かれてしまいます。

今の自分は果たして、後輩さんたちに
そういったことを与えることができる存在になっているのでしょうか。
・・・ダメダメですね・・・(撃沈)

ふぅ~。人を育てるって本当に難しいです。
でも人を育てることって、たぶん自分にとってすごい糧になるはず。
人に教えることって、自分にとって一番の学びになるはず。
だから、頑張れ!頑張るんだ!自分~っ!

・・・葛藤の日々が続いております。

スポンサーサイト
Comment
244
まず、伝えるって事ってすごく難しいと、
最近しみじみ感じます。
100%のうち、50%でも伝わればまだいいのかもしれないですね。。。

私も日々、精進中です(>_<)
245
今のご時勢、温室に育てているなぁと思います。
そのためか、今の2年生を見ていると
育ってないなぁなんて感じることも・・・
病院側は「辞めなければいい」みたいに言いますが。
どうやって育てたらいいんでしょう。
育てる方にもものすごいエネルギーが必要なことです。
親心子知らず。
247
一応人の上に立つようになったこともありますが人を育てると言うのはとにかく時間もかかるし、何より強い信念が必要なように感じます。私はどちらかと言うと自分に自信が持てないタイプです。自信を付けようととにかく勉強をしましたがむしろ知らないことが増えてどんどん自信を失うという悲しい結果に・・。だから人に頼むより自分がやったほうが安心できるのでついつい任せられなくなります。自分もその人も信じる強い力が持てる様になりたいと思います。
248
> はちさん

本当に難しいです・・・伝えるのって難しい。主導権は受け手側あるんだなって実感します。そうですよね・・・50%伝わればベリーグッドですよね。最近は10個のうち2~3個が残ったら、「やったじゃん!」と思うべきなんじゃないかと思うようになりました。自分の伝える力もかなり拙いものですし。
相手のため、相手のためって思っていると、どうしても見返りを求めたくなります。だから、「私が言いたいから自分のために言っている」って思うように気持ち転換することで、ずいぶん楽にはなったのですが・・・それでも悩みは尽きません。精進、精進ですね。
249
> みやびさん

温室育ちって感じちゃいますよね・・・しかも結構スペシャルな温室。「辞めなければいい」とそれだけが求められる環境って、すごい温室ですよね。そんなことよりも「患者さんに迷惑をかけない」とか「最低限の仕事はこなせる」とか「わからなければ調べるなり聞くなりする」とか、そういうものを求める環境に・・・変わらないですね・・・今のご時勢では。伸び悩みだって起こりますよ・・・。
育てるほうも、本当にエネルギーが要ります。頑張って頑張って関わった結果が、「辞めます」だったりすると、こちら側のココロがポキリと折れます。まさに親の心子知らず・・・ええい!この恩知らずめって言いたくなります(笑)新人の離職ばかりがクローズアップされますが、育てる側の人間のバーンアウトだって・・・ちょっと労わってほしいなぁと思う、今日この頃です。
250
> ぱのさん

権限の委譲・・・大事なんですが難しい気持ち、すごく良くわかります。任せるよりも自分でやったほうが早いし確実と感じてしまうことって、多々ありますもんね。
やはり「相手を信じられるか」・・・なのでしょうか。そうですね。「相手ができることを信じることができるか」「相手が成長することを信じることができるか」・・・私自身が、それを信じて待つことや信頼することができるかどうか。そう考えると、相手がどうこうではなく、自分との戦いですね。だからこそ自分自身に強い信念や哲学がないと・・・ダメか~(沈)まだまだ、いろいろ足りないことが多すぎて・・・精進いたします!
252
難し~ですよ~。特に、歳が離れてくると・・・。(苦笑)
価値観の違いのせいか、言った事が理解され難いし、強く言うと「凹む」し、優しすぎると「考えない」し・・・。
「いや、それは習ってないから知らんですもん。」・・・「解らんと思ったら、自分から聞かんや?(怒)!!。」
あ~、昔の上司が「新人類(死語?)は理解出来ない」ってSHIO達の事言ってましたから、育てる事とは「永遠に解けない悩みの種」なのかも知れません。

SHIOの場合、色々試行錯誤(鬼軍曹化した事もあったな・・・)しましたが、最終的にSHIOの原点「職人」スタイルで落ち着きましたね。
最初に細かく丁寧に教える。⇒一緒にやって。やらせる。⇒疑問点があれば質問させる・・・。「解らんやったら、聞け!。調べれ!。」
基本的にSHIOは、「仕事は教えてもらう物や無く、見て覚え聞いて盗む物。」と考えているので、「聞いてくる人には、どんどん教える」し、「ガッツのある者は、とことん面倒を見る」事にしています。
逆に、やる気が無ければあまり容赦が無いし、積極的に聞いて来なければ「放っときます」。
弟子(あえて言います)には「高負荷」が掛かる場合も生じますが、「楽して覚えられると思うな」と言う事で・・・やはり本人の「やる気」が重要なので、こんな教え方をします。
もちろん、「新人は、辞めさせたらいかん」と上司からも言われますし、幸か不幸かSHIOの職場は弟子より師匠の方が多いので、「強制」はしません。
「色々な人から習え。自分のスタイルが確立出来る様、自分で決めて師事しろ。」と教えます。(これも厳しい話ですが・・・)
こんな育て方が良いかどうか判りませんが、弟子は皆「一人前になっている」ので、それなりに成果は上がっているように思います。(SHIOの職性だからかも・・・)

そ~言えば、「SHIOさんは、すごく優しいけど怖い。」って前に教えた子に言われるな・・・。(汗)
(いや、「SHIOは面倒見が良い」とも言われてるんですよ・・・(汗)。)
256
やっぱり、まずは
信頼関係と愛情かなあ。古い?

確かに、最近の子は、ってこと多いです。
でも、私達も昔は同じこと言われてましたよね。

育てることは育つこと、一緒に育てば
いちばんいいなと思います。理想論ですけど。

そりゃ、イラついたり、むかついたり、
こいつ言っても無駄!と思ったりもしますけど、
ちゃんと先輩を見て、理解しようと、
その人なりに成長しようとしてる人もいますよね。

時代が変ってるから、同じようにはできないけど、
ときどき、最近の若いやつ、
なかなかいけるじゃん!と思うこともあります。
そのときの気持を大事にしたいと、
私も日々精進、切磋琢磨ですわ~。

ヨヨコさん、
あまり頑張りすぎないで。
完璧な人などいないのですから、
ときには肩の力抜いてください♪
と、自分自身にも言い聞かせる~♪
258
そうそう、追伸ですが、

「温室育ちの雑草」はアリ、だと思います♪
温室だって、たくましい雑草は育ちますよ♪ 
259
> SHIOさん

難しい~です~(汗)
知識を教えることもさることながら、態度や心意気を教え、伝えていくことも本当に難しいです。
私も職人スタイル・・・というか徒弟制度みたいな部分での学びが多かったので、「見て学ぶ、先輩を真似てみる、技を盗む」といった部分がすごく大事だと思っているのですが、そういう姿勢で学ぶんだよということをわかってもらうこと自体が、とても難しい・・・いや、難しいですよね。だってモチベーションの問題も大きいですもんね。
人から教えられるものも大事ですが、同時に自分自身が「なるほど~★」とか「そっか~★」と気づくような体験(AHA体験みたいな感じのもの)がたくさんあるように、関われたらいいな・・・と思っているのですが。
でもSHIOさんスタイルもとても参考になりました。「優しいけど怖い」もしくは「厳しいけど優しい」。それって理想系ですね!頼れるってことですもん!!!
263
> おやまどすさん

やっぱり「信頼」って大事ですよね・・・育つこと、成長すること、伸びることを信じられないと、待てないし、関われないです。相手側だって「信頼」がないと、不安だし、安心して学べないし、集中できないですもんね。
私の時も最近の若いヤツは・・・とか新人類とか・・・確かに言われましたね(苦笑)いついかなる時代でも、それは同じなのかも知れませんね。
頑張りすぎてはいないのですが、「私、これでいいんだろうか・・・」という疑問符が最近ついてまわってまして・・・私自身に余裕がなくなっているのかもしれません。肩の力、抜いてみます。
265
> おやまどすさん

「温室育ち」でも「雑草魂」があれば・・・いいんですよね・・・。
温室で骨抜きにされなければ・・・雑草本来のたくましさで、その辺の芽よりよほど、大きく育ってくれる可能性があると思います。
コメントを投稿する
Trackback
trackback URL
→http://inkdrinker.blog6.fc2.com/tb.php/159-5880e9ca
TOP
preface


welcome
ご訪問いただき有り難うございます。当ブログはナースyoyocoの日常を綴った”勝手に看護覚え書”です。ほぼ自己満足で出来上がっており、医療に役立つ内容にはなっておりません。日々働く中で考えたこと、感じたこと、そして周りの楽しい仲間達について、私的視点から描いています。興味のある方はどうぞご覧ください。

Attention
画像と文章を無断で使用することはおやめくださいませ。下手なりに一生懸命描いております。

what's new
memo


更新速度停滞注意報発令中!
コメントや拍手をくださる皆様、有り難うございます。仕事の都合上、お返事が遅れてしまう場合が多々ありますが、気長にお待ちいただけると嬉しいです(汗)本当に申し訳ございません。陳謝!

ログ部屋建設計画・・・頓挫中。

link



★Inexperienced worker★
音楽好きのお友達アッキーのブログ。

counter

timer


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。