スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
質的量的視点

「ヨヨコさん、コレ見てどう思う?」

rose.gif

置かれていたのは花の生けてある花瓶。
某先生はソレを見て、どう思うかを突然聞いてきました。
何を意図して聞かれているのか、さっぱり不明でしたが
とりあえず思ったとおりに答えることにしました。

『ええっと・・・すごいキレイです。
・・・なんでこの花ってこういう形になるんだろう。
花びらの色が微妙に違うなぁ・・・とかですかね?』

すると某先生は「やっぱり!!!」と大笑い。
「貴方の視点は、そういう方向にいくと思ってた!
貴方、やっぱり質的研究寄りなのかもしれないわね!」
某先生はどうやら、私の研究的視点が質的か量的かを
見てみたかったみたいです。

さてさて、もう1人。素敵なC女史に
同じような質問を投げかけてみました。すると・・・

『1つの花瓶に花が3本あります・・・かな』

某先生と私は大笑い!
やっぱり!さすがC女史!頭の中が数学っ!!!
C女史は量的、統計学的研究に強い方なのです!

某先生曰く
「別にこれだけで研究の向き不向きが決まるわけではないけれど
各人がどういう視点を持っているのかを把握しておくのは大切なの。
研究グループやチームを組む時に参考にしたりするのよ」
と教えてくれました。

なるほど~納得です。
同じものを見ていても、何を感じ取るかはその人次第!
感じ取るものの順番が違うだけならまだしも
一方には感じ取れて、一方には感じ取れないものもきっとある。
私とC女史は同じものを見ても
きっと見えるモノや見え方が異なるのでしょう。
同じように感じる部分もあれば
違ったものとして感じとる部分もあり
両方の視点が合わさると
より物事が多角的に見えるようになるというわけですね。

多角的・・・その視点が増えれば増えるほど
見えるものは立体的になり、現実のカタチに近づくのかな。

nsnsns.gif

私の感じえない世界を感じることができる人。
私の見えない世界を見ることができる目を持つ人。

世の中にはそんな人たちがたくさんいるんですね。
みんな同じでなくて良い理由は、こんなところにもあるわけか・・・。

モノの見方は、研究に限らず
臨床で患者さんを見る視点にも通じていくものです。
あの看護師さんには・・・
この世界はどんな風に見えているんだろう?
患者さんはどんな風に映っているんだろう?
あのケアはどんな風に評価できるんだろう?
治療方針をどんな風に考えているんだろう?

目の前にある何かを見て
誰かと感じ方を比べてみると
意外と面白い発見が・・・あるかもしれません。

スポンサーサイト
Comment
318
yoyocoさん、お久しぶりです。

多角的な視点って、とても大事ですよネ。
得がたいものだと思います。

看護師が同じように対応しているつもりでも、
患者さんAにはとても良い看護でも、患者さんBにはあまりよくない看護であったりします。
そこに必要なのが個別性。
豊富な引き出しで看護の視点を多角的にするには、
経験がモノを言うのかなぁなんて気がしてきました。
319
> みやびさん

こんばんは。
多角的な視点は私もとっても大事だと思います。
いろいろな現象を俯瞰できる視点が欲しいな・・・と常々思います。

世の中には、絶対的に良いものとか、絶対的に良くないものというのはありえないですし、結局、価値判断の問題になりますよね。それが個別性ともいえるんじゃないかと思います。
仰るとおり、その個別を見極めていく視点を育てていくのが、経験なんじゃないかな~と思います。経験が絶対ではありませんが、物事を多角的に見るためには、自分の色眼鏡に気づかなくてはいけないし、色眼鏡に気づくためには、他人との差異を知ったり認めたりすることが必要だし、それはやっぱり、経験によって培われるところが大きいのではないかと・・・思ったりします。
看護師にとって「臨床経験が大事」といわれる所以でしょうか。
みやびさんのブログを見ていると、きっとみやびさんは多角的に物事を捉えていく視点を持ってらっしゃるんだろうな~と感じます。尊敬。尊敬。
320
同じものを見ても、そこから得る情報は人それぞれ違いますよね。
SHIOの仕事でも、対象を様々な角度から見て分析して判断する事が必要で、やはり「見方」に個人差が出るんですけど、過去のDATA(経験)と照らし合わせて判断の精度を上げると言うか・・・一定のレベルを求められますね。(特にメンテナンスでは・・・)

で・・・SHIO的には、「ON」の場合は、綺麗なバラ⇒バランスよくレイアウトして生けてありますね⇒水が良く上がって状態が良い⇒花も葉っぱもまだまだしっかりして元気⇒綺麗ですね。まだ暫くは楽しめそう・・・。って感じですね。
「OFF」の場合は・・・綺麗な花やね⇒癒されるばいね⇒そ~言えば「バラより美しい・・・」なんち歌の有ったったいね⇒あ・・・布施明や・・・。
あ~ボケボケ・・・。
323
> SHIOさん

いいですね!ONモードとOFFモードで、視点も変わる(変えられる)というのは、理想かも知れません!自分のかけている枠組みの眼鏡を自由に付け替えることができたら、きっと世界はもっともっと面白く見えるんじゃないかな~と思ったりします。私も質と量の眼鏡を使い分けたいなぁ・・・と思うのですが、どうも上手くいきません。
SHIOさんは、精緻を極めたようなお仕事をされているから、切り替えがきくのかなぁ?
メンテナンスですか・・・正常に動作し続けるために行なわれる保守点検ですもんね。医療で考えると、予防医学みたいなことをされているのですね。
コメントを投稿する
Trackback
trackback URL
→http://inkdrinker.blog6.fc2.com/tb.php/162-e530e042
TOP
preface


welcome
ご訪問いただき有り難うございます。当ブログはナースyoyocoの日常を綴った”勝手に看護覚え書”です。ほぼ自己満足で出来上がっており、医療に役立つ内容にはなっておりません。日々働く中で考えたこと、感じたこと、そして周りの楽しい仲間達について、私的視点から描いています。興味のある方はどうぞご覧ください。

Attention
画像と文章を無断で使用することはおやめくださいませ。下手なりに一生懸命描いております。

what's new
memo


更新速度停滞注意報発令中!
コメントや拍手をくださる皆様、有り難うございます。仕事の都合上、お返事が遅れてしまう場合が多々ありますが、気長にお待ちいただけると嬉しいです(汗)本当に申し訳ございません。陳謝!

ログ部屋建設計画・・・頓挫中。

link



★Inexperienced worker★
音楽好きのお友達アッキーのブログ。

counter

timer


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。