スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
看護研究のこと

「今年はやるでしょ?」

こんな言葉で誘われる看護研究(笑)
私は研究グループに選ばれたくなくて
逃げ回っていた組です。

だって、その当時は看護研究なんて
よくわからないし、面倒くさいし
勤務外の時間を割かなきゃいけないし
休みの日まで病院に来なきゃいけないし
ただでさえ少ない休みが減るし
業務上、調べたり勉強したりすることがあるのに
それ以外のことで頭を使わなくちゃならないし
やったって現場の看護に反映されないじゃん!
なんのためにやるのか、さっぱりわかりません!

・・・と、まぁ、こんな理由で避けたいモノでした(苦笑)

実際問題として、臨床で働いていて
「私、看護研究が得意なの!楽しくてたまらない!」
という人は希少価値なのではないでしょうか?
少なくとも私の周りにはいらっしゃいませんでした。
そんな風に思える人は、私のリスペクト対象です!

それでも何年に一回かは、研究グループに入れられて
なんだかよくわからないままに、先輩ナースを手伝い
看護研究らしきものをやりました。

嫌々参加するし、やらされが感があったので
1度やるごとに嫌い度がますますUPしたものです。

question.gif

でも大学院にいって、少し研究を詳しく知ったら
研究の大切さとか面白さが、ちょっとずつ解り始めました。

面白いなと感じるのは、テーマを絞り込んでいくところ。

それまでは正直な話、テーマの絞込みをするのではなく、
なんとなく目についた問題っぽいことを解決しようとして
研究を始めてしまっていた感じでした。
だから文献検索なんて、チョロでした。
今考えれば、看護研究ではなくただの問題解決だったかも・・・。

でも研究というのは、実はテーマの絞込みがとても大切!
そのために、先行研究を調べて、メンバーとディスカッションして
自分たちが明らかにしたいことは何なのかを煮詰めて煮詰めて
そうやって出来上がっていく過程が、実は面白かったりします。

ああでもない!こうでもない!
文献検索だってすべてが順調でうまくいくわけじゃない。
絞り込んでいるつもりのテーマが広がってしまう時もある。
横道にそれてしまうこともあるし、迷ってしまうこともある。

でもそんな紆余曲折が実は楽しかったりするのかもしれないです。

看護研究をすると
これって看護にとってどんな意味があるのかな?
ということを考えることにつながっていきます。
それは言い換えれば、自分が看護をどのように捉えているか
という視点を見直す作業だったり、考える作業だったりします。

看護が発展していくためにも
看護がより進化していくためにも
看護研究って実は大事なんですよね。

学術機関の方たちだけでなく
むしろ臨床で本当に看護を実践している人たちから
たくさんの看護研究が発信されていくことが
望ましいカタチなんだろうなと勝手に思いますが
臨床で働きながらということを考えると
時間的余裕や労力の面が難しい。

なかなか由々しき問題であります。

スポンサーサイト
Comment
コメントを投稿する
Trackback
trackback URL
→http://inkdrinker.blog6.fc2.com/tb.php/249-8a47303e
TOP
preface


welcome
ご訪問いただき有り難うございます。当ブログはナースyoyocoの日常を綴った”勝手に看護覚え書”です。ほぼ自己満足で出来上がっており、医療に役立つ内容にはなっておりません。日々働く中で考えたこと、感じたこと、そして周りの楽しい仲間達について、私的視点から描いています。興味のある方はどうぞご覧ください。

Attention
画像と文章を無断で使用することはおやめくださいませ。下手なりに一生懸命描いております。

what's new
memo


更新速度停滞注意報発令中!
コメントや拍手をくださる皆様、有り難うございます。仕事の都合上、お返事が遅れてしまう場合が多々ありますが、気長にお待ちいただけると嬉しいです(汗)本当に申し訳ございません。陳謝!

ログ部屋建設計画・・・頓挫中。

link



★Inexperienced worker★
音楽好きのお友達アッキーのブログ。

counter

timer


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。