スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うさぎの伸び率

実習に対して
やる気のなさそうな学生うさぎが出現した場合、
みなさま、どのように対応していますか?

usans6.gif

この間、実習にきた学生うさぎ(3年生)の1匹は
本当に本当にやる気がなさそうで、かったるそうでした。
アドバイスをしても「ああ・・・はい」と
メモを取るわけでもなく、かったるそうな返事。
観察項目を挙げてくるように指示しても、抜け抜け。
バイタルサインを測定させたら、マンシェットが満足に巻けない!
日数が経ってもアセスメントは白紙で真っ白!
ベッドサイドにあまりいかず、電子カルテとにらめっこ。
・・・君、今まで、何をしてきたんだ(怒)!
usans7.gif

さすがにこの状態、受け持ち患者さんに対して失礼ですよね。
他のスタッフさんもその態度に呆れられがちになっていました。

週末、学習やアセスメントについて
「分からないのならば一緒にやるけれど、どうするの?」
と聞いてみると、「できると思います・・・」とのお返事。
じゃあ・・・と少し聞いてみたけれど、全然答えられない。
さすがに見るに見かねて、放課後、一緒に残ってアセスメント。
正確には、あ~だこ~だと言いたいことを言ったのみ。

この時点で私の頭の中には
「勉強が分からない」=「やる気が湧かない」
という方程式が出来上がってしまっていました。

おせっかいかな?とも思ったのですが、
やはりココで抑えておかないと、患者さんにも迷惑がっ!
そう思って、こちらも必死だったのです。
(よく考えれば、自分自身の保身のためですよね、コレって)

* * *

しかし実習2週目に入ると、学生うさぎに変化が!
日々の記録が充実し、アセスメントが形に!
患者さんのベッドサイドにも積極的に行くようになり、
看護師に情報をもらったり、情報を伝えたりする姿が・・・。

「どうしたの。やる気でてきた?」
『・・・なんか、わかってきた・・・(照笑)』

それから、その学生うさぎはまるで別人のように
実習にのめりこんでいきました。本当に別人のように。
患者さんの合併症出現のリスクが高まり、
患者さんが不安を学生うさぎに打ち明けたのも
ポイントだったのかもしれません。

usans8.gif

やる気のなかった学生うさぎが、一生懸命、患者さんに向かう。
その様子をみていて、なんだかすごく驚いたのと、
自分なりにいろいろ調べて、分析してくる様子を見て、
何が起こったのだろう?という疑問符が浮びました。

実習最終日の学生うさぎの感想は素晴らしいものでした。

「こんなに楽しかったのは初めてだった。
1週目は辛かった。前の実習もそうだったけど、
看護ってなんだかよくわからないし、つまらないと思っていた。
でも回復していく患者さんを見て、アセスメントしてわかってきたら
これが看護なんだってわかって楽しくなった。
もっと知りたいって思った。良くなってもらいたい。」

学生うさぎのやる気のなさは、ただ単に
「勉強がわからない」=「やる気が湧かない」
だけではなく
「看護がわからない・つまらない」=「やる気がない」
も含まれていたということだったんですね。

学生うさぎなりに、看護がどういうものなのかが分かった。
それをきっかけに、まるでコップの水があふれるように
学んだことがあふれ出し、学生うさぎが成長した。
その伸び率たるや、ハンパない!

伸びるときがくれば伸びるものなのだな・・・。
足りない足りないと思っていたコップの水は、
もう満杯であふれる時を待っていたんだな・・・。

本当に本当にびっくりしました。

usans9.gif

「こんなにアドバイスしたんだから・・・」
そんな風に考えて、やってくることに過剰な期待を持ち、
アドバイスした分だけ学びがあって当然だろうと思い、
時間と学びは相関するといった勝手な認識をつくり、
それに沿わない学生うさぎに対して
苛立たしさや焦りなどを感じてしまいました。

でも時間と学びが相関関係であるなんて誰も言っていない。
この学生うさぎのように、コップの水が溢れ出すように
伸びる、成長するにはタイミングがある。

そうか・・・教育って、そういうのを待てるかどうかなんだな。
学生うさぎの成長を信じられるかどうかなんだな・・・と。
また、教えるだけではなく、自ら気づいてもらえるような
働きかけがとても大切なんだなと改めて実感しました。

知識の上では分かっているつもりでしたが、
やっぱりわかっているようで、わかっていなかったですね。

看護を教えるって、本当に難しい!
でも、患者さんとの関わりがこんなにも学生を成長させる。
患者さんの力を実感するとともに、学生うさぎの成長に
なんだかとても勇気づけられ、感動してしまいました。

何もできなかったけれど、なんだか逆に学ばされました。
学生うさぎの学びの良きサポーターでありたい・・・。
そんな風に思います。

そして最後に
「できないから学生なんだよ」
という某氏の言葉をきいて、
「そうだよね・・・そうだった」と妙に納得したのでした。

nurse27.gif

う~む・・・拙者、まだまだ修行が足らんでござる(汗)

スポンサーサイト
Comment
コメントを投稿する
Trackback
trackback URL
→http://inkdrinker.blog6.fc2.com/tb.php/267-c967512a
TOP
preface


welcome
ご訪問いただき有り難うございます。当ブログはナースyoyocoの日常を綴った”勝手に看護覚え書”です。ほぼ自己満足で出来上がっており、医療に役立つ内容にはなっておりません。日々働く中で考えたこと、感じたこと、そして周りの楽しい仲間達について、私的視点から描いています。興味のある方はどうぞご覧ください。

Attention
画像と文章を無断で使用することはおやめくださいませ。下手なりに一生懸命描いております。

what's new
memo


更新速度停滞注意報発令中!
コメントや拍手をくださる皆様、有り難うございます。仕事の都合上、お返事が遅れてしまう場合が多々ありますが、気長にお待ちいただけると嬉しいです(汗)本当に申し訳ございません。陳謝!

ログ部屋建設計画・・・頓挫中。

link



★Inexperienced worker★
音楽好きのお友達アッキーのブログ。

counter

timer


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。