スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
看護学生の力

「看護学生が実習にくると大変だよね」

そんな言葉をよく耳にします。
確かに、教えながら業務をこなすっていうのはとても大変。
時間もない中で看護学生さんと一緒にケアするとなると
倍の時間がかかったりして、とてもじゃないけど「勘弁して・・・」という
看護師さんが現れるのも無理ないなぁ・・・と感じます。

でも看護学生さんって1人の患者さんとじっくり関わってくれるので
思わぬ看護力を発揮して、患者さんを良い方向へ導いてくれます。



ある看護学生さんが、頑固ジジィ(笑)でやや認知症のH爺さんを受け持ちました。
(親しみをこめて・・・あえてH爺さんと書きます)

H爺さんは病棟でもナンバー1に君臨する手のかかる患者さん。
H爺さんはリハビリをして歩けたら、家に帰る予定だったのですが
「俺はもう死ぬんだっ!歩けるかっ!」
と、ベッドから起き上がることも拒否する状態。

看護学生に対しても
「動けないんだよっ!手伝えっていってるだろっ!」
「何やってんだっ!この役立たずっ!」

看護学生さんも最初はオロオロ、ナースステーションではメソメソ。

でも看護学生さんは毎日毎日、一生懸命ベッドサイドに行きました。
そしてH爺さんを観察して、何ができて何ができないのかを考えました。
そしてH爺さんがどんな気持ちなのかを察しようとしました。

するとある日、頑固で歩けないと言い張っていたH爺さんに変化が・・・。

zii.gif

「まったくシツコイ奴だな。そんなに言うならやってみろ。」
今まで嫌だとしか言わなかったのに、やってみろという気持ちの変化が!

「まったくこんなことさせて・・・辛くてたまらん。」
介助しながらベッドアップで座位になることができるように!
そして徐々に、自力で起き上がって座位になることができるように!

「転んだらお前らのせいだぞ。骨を折ったら死ぬんだぞ。」
そして文句を言いながらも歩くように!

素晴らしき看護介入!看護学生さん!GOOD JOB!
詳細は知らないので、こんな簡単な書き方になってしまいましたが
本当に看護学生さんの力をみて、私達が看護の力を実感させられました。
私達看護師はどこかで「どうせ歩けやしない」って決めつけて
H爺さんと関わっていたんじゃないのかな・・・。
だからいくら関わっても歩ける方向にもっていけなかったのかな・・・。

なんだか、日頃忘れかけていたモノを思い出させてもらった気がします。

minins47.gif

スポンサーサイト
Comment
コメントを投稿する
Trackback
trackback URL
→http://inkdrinker.blog6.fc2.com/tb.php/41-a4b12108
TOP
preface


welcome
ご訪問いただき有り難うございます。当ブログはナースyoyocoの日常を綴った”勝手に看護覚え書”です。ほぼ自己満足で出来上がっており、医療に役立つ内容にはなっておりません。日々働く中で考えたこと、感じたこと、そして周りの楽しい仲間達について、私的視点から描いています。興味のある方はどうぞご覧ください。

Attention
画像と文章を無断で使用することはおやめくださいませ。下手なりに一生懸命描いております。

what's new
memo


更新速度停滞注意報発令中!
コメントや拍手をくださる皆様、有り難うございます。仕事の都合上、お返事が遅れてしまう場合が多々ありますが、気長にお待ちいただけると嬉しいです(汗)本当に申し訳ございません。陳謝!

ログ部屋建設計画・・・頓挫中。

link



★Inexperienced worker★
音楽好きのお友達アッキーのブログ。

counter

timer


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。