スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
入院シタコトアリマスカ?

【入院体験話①】
入院シタコトアリマスカ?

今回は、過去の入院体験についてお話したいと思います。
患者の側から医療や日頃の看護を見てみるのも新鮮です(笑)

pt2.gif

【入院体験データ】
疾患名:伝染性単核球症(←ショボイ・・・)
既往歴:なし
現病歴:ずっと風邪気味で体調不良が持続。
内科にて薬物が処方されていたが内服しても一向に回復せず。
38度代の熱発が持続するが、夜勤のリーダーが続いていたため
ボルタレン等で解熱し、仕事を続けていた(←バカ丸出し)。
さすがに見かねた同僚が同期の医師に診察を依頼(これが耳鼻科)。
診察と血液検査の結果、上記診断。この時、肝臓腫脹、肝機能300の状態。
医師からは「アンタ、看護師じゃろ・・・」と飽きられ、即日入院となる。

★ちなみに伝染性単核球症は幼児期にかかってしまえば症状すら
ほとんどでないですむ病気だそうです(90%の人は感染済みとか)。
それなのに、不運としかいいようがありませんが、罹ってなかった・・・。
20歳を超えて感染したので、なんだかひどく症状がでてしまったそうな★

pt3.gif

診断がつく前までは、ツライな、ダルイなと思っても
「何をこんなことで!私は夜勤のリーダーが続いているんだから!」
という仕事をするくらいの気力があったのですが
診断がついて「入院ね」と言われた途端、急に倦怠感が増強しました。

「ツライ・・・だるい・・・あれ?どうして今まで大丈夫だったのに?」

本当に歩くのも辛くなってしまって、すごい悲壮感が襲ってきましたよ(笑)
人間って・・・つくづく気力がモノをいうんだなって思いました。

もう本当に情けないくらい弱気になってしまって
「治らなかったらどうしよう」「このまま悪くなっちゃったらどうしよう」って。
ツッコミたくなるくらいに弱気になってしまいました。

ココロとカラダはやっぱりつながってるんだなぁ・・・。シミジミ。

そう考えると患者さんの気持ちを支えるって病気を回復させる上で
非常に大切なんだなよなぁ・・・と実感しました。


pt7.gif


とにかく辛かったのは熱発と頭痛と気持ち悪さ。
そして寝心地の悪いマットと硬い枕!
ベッドは患者さんの生活空間なのにどうしてこんなに非快適なんだろう・・・。
フカフカのお布団で眠りたい!お布団が寒い!
こんなベッドじゃ身体が痛いよぉ!

看護師として毎日、患者さんのベッドを見ていたのに
どうして今までそのことに気がつかなかったんだろうと思います。
そして末期のガン患者さんなどがもしこんな風に私と同じ思いを
していたとしたならば、そこを整えることのできなかった私は
一体何をしていたのだろうと、涙が出てきてしまいました。

身体とマットの間に毛布を一枚引いて、ちょっとやわらかくするだけでも
ぜんぜん身体の感じ方は違います。

病院のベッドはみんな同じようなものだけれど
あれが「当たり前」だなんて思ってはいけないんだなと実感。
シーツがピンと伸びていたって、それだけで「快適」なんて
思ってはいけないんだな・・・と実感(涙)。

そんなこんなでヨヨコの入院生活は始まったのでした。

→next②へ

スポンサーサイト
Comment
29
ヨヨコさま初めましてぱのといいます。私は患者経験というよりは医療依存度の高い患者を現在進行形でしています。ICUに入った事もあるし救急車で運ばれてそのままオペ室とかもありました。ヨヨコさんのブログも患者としても見るし医療従事者としても見ます。何と言うか看護師としての自分を考え直させていただきました。ありがとうございます。看護師としてよりも人間として関わってくれる事が嬉しい事や患者は社会的な生活をしている一個人としてみてもらいたい等等今も病院は一番嫌いな場所であったりします。看護師なんだから分かるだろうとかよく言われますがそれは暴言に他ならない事を分かって欲しいと思います。分かっているいないは別の物ですぐに受け入れられない事も多くあります。私もそうだから・・。何でどうしてを繰り返して時間がたくさんかかってを行ったり来たりです。勿論そういうことが分かっただけでよかったのですが・・。またお邪魔します
30
>ぱのさん

はじめまして。お加減は大丈夫なのでしょうか?!
貴重なご意見を有難うございます。
私は自分が患者体験をするまで、入院の辛さやを知りませんでした。
教科書的には理解していたつもりでしたが、自分が経験するのと知識とでは
雲泥の差があることに、看護師●年目でようやく気づいた次第です。
わかっているつもりになってわかろうとしなかった自分にガックリするとともに
遅くなってしまったけれど、ちょっとわかるようになったことにホッとしています。
医療者と患者との感じ方、考え方、視点などなどこんなに違う面があるんですね。
ぱのさんの意見・・・本当にごもっともだと思いました!
またぜひぜひご意見をください!!よろしくお願いします!!!
コメントを投稿する
Trackback
trackback URL
→http://inkdrinker.blog6.fc2.com/tb.php/53-24c5c372
TOP
preface


welcome
ご訪問いただき有り難うございます。当ブログはナースyoyocoの日常を綴った”勝手に看護覚え書”です。ほぼ自己満足で出来上がっており、医療に役立つ内容にはなっておりません。日々働く中で考えたこと、感じたこと、そして周りの楽しい仲間達について、私的視点から描いています。興味のある方はどうぞご覧ください。

Attention
画像と文章を無断で使用することはおやめくださいませ。下手なりに一生懸命描いております。

what's new
memo


更新速度停滞注意報発令中!
コメントや拍手をくださる皆様、有り難うございます。仕事の都合上、お返事が遅れてしまう場合が多々ありますが、気長にお待ちいただけると嬉しいです(汗)本当に申し訳ございません。陳謝!

ログ部屋建設計画・・・頓挫中。

link



★Inexperienced worker★
音楽好きのお友達アッキーのブログ。

counter

timer


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。