スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
希望を食べて生きる

外科を受診に来たKさんが
「マーカーが下がったの!嬉しい!このままきっと下がるわね!」
といって血液検査の結果をみせてくださいました。
Kさんはとてもとても嬉しそうです。
検査結果を見るとCEAとAFPがわずかに下降していました。

minins90.gif

Kさんは肝臓がんの再発患者さんです。
手術をし、抗がん剤治療を乗り越えたのですが再発してしまいました。
現在抗がん剤治療中であり、抗がん剤をやればがんは治ると思っています。
しかし、そんな期待とは裏腹に、CT上、腫瘍は増大しており、
PD(Progressive Disease)の状態でした。
(要はがんが縮小せず、増大一辺倒という感じなのです)

Kさんは今日、血液検査と一緒にとったCT検査の結果を聞きに来ました。
私との会話の時点で、CTの結果をまだ知りません。
医療者側の見解としては、腫瘍マーカーの下降は一時的なものに過ぎず
しかも下降といっても、ちょっとした測定誤差に近い下降だったため
次回の血液検査では上昇するだろうことが99%以上の確率で確実視できます。
CT結果を知った後のKさんの落胆する様子が目に浮かびます。

目の前で喜んでいるKさんを前に「そうですね」といったものの
なんだかすごい複雑な気分で、心底喜べない自分がいました。

CT検査の結果をきいたKさんは、案の上、落胆していました。
私はなんだかいたたまれなくて、すごく申し訳ない気持ちになってしまいました。

★ ★ ★

minins89.gif
知っていたのに、嘘をついた。だました。ぬか喜びさせた。
・・・自分の中にはそんな気持ちが渦巻きました。

でももし、本当に自分もCTの検査結果を知らなかったとしたら
Kさんのマーカーの下降の話を聞いた時に素直に喜べたと思うのです。
そしてCT検査の結果を知った時には、患者さんと一緒に落胆しただろうと思うのです。

知っているのに、知らないふりをして喜ぶことはいけないことでしょうか。
患者さんのためにはどうしたらよかったのでしょうか。

後日、Kさんと、その日のことを話す機会がありました。

「Kさん、私、CTの説明の時、検査の結果をもう知っていたんです。
でも、Kさんは嬉しそうだし、自分は結果を知っているしで
なんだかうまく喜べなかったんです。ごめんなさい」

『やっぱりね。なんかそんな気がしたのよ。
だって、いつもなら一緒にやった~!って言ってくれるハズなのに
なんだか腰が引けてるっていうか、おかしいなって思ったのよ』

・・・スルドイっ!患者さんってスルドイ!

「私、嘘ついてるなって思って。ああいう時はどうしたらよかったんでしょうかね」

pt10.gif

・・・するとKさんは言いました。
『一緒に喜んでくれたらよかったのよ。だって私は喜んでたんだもの。
結果を知っていたとしても、私はまだそれを知らないわけでしょ?
一緒によかったって喜んでくれる人がいてくれることが一番なのよ。
こっちが喜んでいるのに、看護師さんが喜んでくれなかったら
なんで?って思っちゃうじゃない。余計に不安になっちゃうわよ。
あの瞬間、私は結果を知らなかった。それが事実なのよ』

『もしかしたら「知ってたのに言ってくれなかった」って思うかもしれない。
でも、それは1つの結果の形であって、そう思わないかもしれないでしょ?
そんな先のことを気にするより、あの瞬間を一緒に喜んでくれることのほうが大事。
それが次の瞬間、潰えてしまう希望であっても、希望は希望だもの。
希望がなくなったら人は生きてはいけないわ。
小さな喜びが希望になって、私の中でその希望の面積が増えるほうが幸せなの』

kitty2.gif
・・・そうか。でも希望が大きいと、落胆も大きくなってしまうんじゃないのかな。

『確かにそうかも知れないわね・・・でも、だからといって期待しないで
希望を持たないで、鬱々と過ごすほうが幸せかしら?
まあ、それは人によるかもしれないわね。
少なくとも私は、希望の面積を増やしていきたいと思うのよ』

★  ★  ★

患者さんの言葉というのは、どうしてあんなに力があるのでしょうか?
患者さんは本当にいろいろなことを教えてくれます。
なんでしょうか・・・人生哲学?
患者さんに聞いてしまう自分もどうよ!と思うのですが
Kさんはとても静かに自分の気持ちを話してくださいました。

希望の面積を増やしていきたい・・・
希望を食べて生きている・・・人間ってそんな存在なのかなと思いました。
キルケゴールが「死に至る病とは絶望である」と述べていますが
まさに・・・その通りなのかもしれません。
希望がなくなって絶望したら、人は死に至るのかもしれません。
たとえ生物学的な命があったとしても、人間としての生は尽きるのかも・・・。

kitty.gif
希望の「希」の字には、まれとかめったにないとか少ないという意味があるので
希望なんていうと、なんだか仰々しい大きな望みみたいに感じますが
同様に「希」の字には、うすいとかかすかという意味があるので
本当に些細なちょっとした望み、いつもは当たり前だと思っているような望みを
人間は毎日パクパク食べて生きているのかな・・・などと
ちょっと哲学チックに考えてみる今日この頃でした。

スポンサーサイト
Comment
162
ええ話やなあ。
直接患者さんに聞けちゃうヨヨコさんも、
ちゃんと答えてくれる患者さんもいいですね。
そこにはやっぱり信頼関係があるからでしょうねえ。
かすかな希望でも、なくなってしまったら、
すべておしまい。
フランクルの『夜と霧』を思い出しました。
163
> おやまどすさん

本当に、患者さんが神様ですvV患者さんに教えてもらってばっかりです。
フランクル・・・本当にそうですよね。希望って普段あまり意識しませんが、すごいですよね。人間を生かすための糧ですよね。フランクル・・・久しぶりに読み返してみようかな・・・と思いました。
164
看護師にとってはこんな誤差範囲・・と思っても患者にとってはとても大きな希望になります。私の場合もそうでした。小さなデータに一喜一憂。でもそんな経過を辿って少しずつ現実を受け入れていく、そんな感じでしょうか。希望はないと医者に言われようがそんな小さなことが支えになったりします。それが少し分かるようになっただけでも病気をした甲斐があります。
167
かれこれ10数年前、健康診断でGOT、GPTが基準値の倍に跳ねたことがありました。
先生「原因は調べんと解らんばってん、このまんまやったら10年生ききらんばい。」 SHIO「え~!!!?。」
薬を処方してもらって服用してみたら、副作用が出て寝れなくなって・・・。
SHIO「寝れんとですけど。」 先生「薬が合わんごたね。服用止めて、食事療法徹底せんば。脂質やらコレステロールやら出とるけん、痩せんと。」
その日から、食事制限強化!!。1ヶ月で、確か7Kg痩せました。でも値は好転なし。
先生「体重は落ちたばってん、値は下がらんね。」 SHIO「気張ります!!。」
それから3ヶ月・・・。体重は、確か通算9Kg減。
先生「値がちょっと下がって来たばい。」 SHIO「・・・・!!!(嬉泣)」
数値的には、ほんのちょっと。でもSHIO的には「勇気1000倍」!!!!。うれしかった~。
その後バリバリ節制して、結果的には、それから3ヶ月後、正常値になりました。(通算10Kg減)
先生「値は正常ばってん、今度は貧血ばい。あんた、毎日食事は如何しとると?。」 SHIO「ご飯ちょっとと野菜と海草と蕎麦だけちょっと食べてます。腹が減るときは、オカラば・・・。」 先生「呆れるばい。バランスを考えて食べなん。極端過ぎるばい。」 SHIO「すみましぇん。(泣)」
その間、透視もエコーもその他調べたけど異常なし。結局、原因は、1年で10Kg↑太ったから・・・らしい。短期間に太っても、肝臓は悲鳴を上げるんだ・・・。(その後、結局徐々にリバウンド(泣)。)

168
> ぱのさん

小さなデータに一喜一憂・・・まさに患者さんの心境はそうですよね。看護師を長くやっていると、予測というか、先読みというか、先見性というか・・・データの数字だけでなく、他の複合的な状態をアセスメントして判断できるようになってしまいます。そうするとデータの値だけでは客観的な判断ができなことがわかるし、データの値はあくまで自分以外の他人のものなので、冷静に判断できてしまうんですよね。そこに患者さんとの温度差が生まれるというか・・・。データが自分のものだったら、自分だってデータの値に一喜一憂するのに・・・。患者さんのそういう繊細な心の揺れに反応できる看護師でいたいと思います。
171
> SHIOさん

10キロのダイエット!!!しかも「ご飯ちょっと」「野菜と海草と蕎麦だけちょっと」「オカラ」。すごいです。その時の意志力たるやすごいですね。検査の値・・・そうですよね、ほんのちょっとの改善でも当事者にとっては本当に本当に嬉しいことなんですよね。医療者は「まだ正常値に戻らないなぁ」なんて客観的にみてしまうのですが、正常値に向かっているというところにもっと目を向けて、当事者の心情を推し量っていかなくては・・・と考えさせられました。
肝機能戻って何よりです。リバウンド???肝機能は大丈夫ですか?
コメントを投稿する
Trackback
trackback URL
→http://inkdrinker.blog6.fc2.com/tb.php/68-196ae88c
TOP
preface


welcome
ご訪問いただき有り難うございます。当ブログはナースyoyocoの日常を綴った”勝手に看護覚え書”です。ほぼ自己満足で出来上がっており、医療に役立つ内容にはなっておりません。日々働く中で考えたこと、感じたこと、そして周りの楽しい仲間達について、私的視点から描いています。興味のある方はどうぞご覧ください。

Attention
画像と文章を無断で使用することはおやめくださいませ。下手なりに一生懸命描いております。

what's new
memo


更新速度停滞注意報発令中!
コメントや拍手をくださる皆様、有り難うございます。仕事の都合上、お返事が遅れてしまう場合が多々ありますが、気長にお待ちいただけると嬉しいです(汗)本当に申し訳ございません。陳謝!

ログ部屋建設計画・・・頓挫中。

link



★Inexperienced worker★
音楽好きのお友達アッキーのブログ。

counter

timer


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。