スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
救急ってスゴイの?

「前はどちらで働いていたの?」
『救命救急にいました。』

職場を変わると、たいてい常套句のように聞かれるのは
前の職場がどこで、どんな領域で働いていたかということ。
(+αでなんで辞めたの?と理由を求める人もいます(笑))

救命救急で働いていましたというと、たいていの人は
「ええ~すごいねぇ。じゃあ何でもできるね。」
という反応を返してくれます。困ったことに。

救命救急を○年もやっていれば
たいていの緊急時の処置はできるようになるかもしれません。
心肺蘇生や急変対応はそれはそれはお手のモノかもしれません。
基本的なフィジカルアセスメントには自信があるかもしれません。
でも、胃がんの術後管理とか糖尿病の食事指導とか整形外科とかは
全然、専門外なのでわからないことのほうが多いのです。

救命救急を辞めて、次に配属された場所が幸か不幸か外来でした。
しかも、整形外科、外科、内科、耳鼻科、泌尿器科、検査部門と
なんだかオールラウンドに日替わりで配置されてしまうこともありました。

当初、そこで聞く言葉達はまるで外国語!

「ヨヨコさん、ミエロの説明よろしく!」
「○○○(器具名)準備しといて!あと×××も!」
「TAEやるから、ついてもらっていい?」

みんな何をしゃべってるの???

minins98.gif

そして挙句の果てに「え?救急にいたんだからわかるでしょ?」

・・・それは大きな誤解かと・・・。
救急にいたからといって、何でもできるわけでは・・・なんにもできませんよ(泣)

もう毎日、「初めてなので教えてください」「まだやったことがないんです」等々
皆さんに迷惑をかけつつ、一生懸命お勉強しました(当社比で)。
3ヶ月くらいすると、だんだんみんなが何をしゃべっていて
わからない処置などはなくなってきたので、ホッとしました。

職場を変えて思ったこと。
みんな救命救急を誤解しているな~ということ。
ところ変われば、はじめは誰しも初心者さんなんです。
その領域、その病棟、その病院の若葉マークなんです。

だからどんなに経験がある人であっても、すぐにバリバリは働けません。
同時に「きっとできるだろう」という期待も嬉しいけれどプレッシャー。
「なんでできないの?」は悲しいから禁句でお願いしたいです。

heart.gif

しばらくは暖かく見守っていただけるとホッとします。

そして入職した側も、「なんでこんなやり方なの?信じられない!」とか
ついつい前の職場と比べて、思ってしまったりすることがあるのですが
そうやって批判的なことばかりをみて判断するのではなく
周りを見つめて謙虚にいかなくてはいけないなぁ・・・と思うのでした。

自分のやり方がベストなわけではないですし
違ったやり方や「なんで?」と思うやり方が行われているには
きっと何かしらのワケがあるはず・・・。
それがもし間違ってしまっているのであれば、自分の持ってきた知識を
提供していって、改善できるかも知れないですし
自分がやってきたことが間違っていれば、修正すればいいだけ・・・。

そんな簡単なことなんですが、人間なかなか素直にそれが
変更できないんですよね・・・謙虚に、謙虚に。

スポンサーサイト
Comment
210
郷に入れば郷に従えということですね。
でも救急の人って、何科の初期治療にも対応できそうなので、何でも知ってそうな気がします。
救急から検査に出して病棟に上げたりするから、検査も色々知ってそうだし・・・
これって勝手な思い込みだったんですね、すみません。
「何でできないの?」は言わないと思いますが、
「何で知らないの?」は言ってしまいそう・・・
例えば、4年目ナースがサイナスリズムがわからないとか、そういう時・・・。
気をつけます。。。
211
何でもできるというよりは色々な経験をしていると思います。私も救急車で運ばれることがとても多いのでそう感じます。一応全科を見ることができる唯一の科ですから。勿論何でもできるというのではなくて全体を把握する力が強くなると思います。でも救急から外科に異動した主任が続かなくなって辞めるという話を聞いてヨヨコさんの言われることが分かるような気がしました。誰でも最初は1年生ですよね。
213
門外漢のSHIOですが、『救命救急』と聞くと、「緊急事態発生時、迅速かつ的確に対応可能なスペシャリスト」、「精鋭部隊」、「消防で言うとオレンジ服(レスキュー)」のイメージがあります。(TVの影響でしょうか)
「大概はなんとかしてしまうハイスペックな人達」な感じがします。
でも、ヨヨコさんの記事を読むと、「救命救急と言う専門カテゴリ」の様ですね。
であれば、「専門外は、ちょっと…」なのでしょうが、看護師さんの間でも「救命救急=ハイスペックなオールラウンダー」なイメージがあって、これで接されるとなると・・・ちょっと厳しいものがありますね。

SHIOの会社でも、似たような事はあります。
「本部の技術から来たのに・・・知らないの?」みたいな・・・「本部の技術出身だって、やった事の無い案件は解らんって。(笑)」。
イメージがひとり歩きされると、やり難いですよね(状況も方法も解らんのに)。

でも、新しい部署で新しい情報を吸収して数ヶ月でアジャスト出来るのは、やはり基本スペックが高いからでしょうね。(SHIOは、今の部署に転勤したとき、えらい往生しましたもん。)


214
> みやびさん

そう!初期治療なんです。何科の初期治療でも、「初期治療系」と「循環が落ち着くまで系」は得意なのかもしれません。そして「診断するための検査系」はある程度、得意なのかもしれません。でも救命救急って、とりあえず命の危機を脱すると、退室していってしまうので、「その後の、ゆっくりじっくり「病棟生活系」と「退院指導系」は、たぶん知らないことが山積みです。
ICUと救命救急も混同されたりしますが、似て非なる分野だと思うんですよね。扱う疾患は似ていると思うんですが(AMIとかTAAとかSAHとかですよね?)、食道Caの術後とかはわからないんですよ~!少なくとも私はわからなかったのです!
サイナスリズムは・・・さすがに知らない人はあまりいないのかもしれませんが、洞調律って言わないとわかってもらえない人はいましたね。あときちんとした心電図波形のわからない人は意外に多いのではないかと思ったりして・・・。いろんな分野をまわると、いろんなことが見えて面白いものです。
215
> ぱのさん

「いろいろな経験ができる科!」なんかそれいいですね。素敵な響きです。
私も救命救急→外来→外科だったので、なんだか主任さんの気持ちがわかる気がします。救命救急では、呼吸器がついている患者さんやシビアな患者さん、薬物中毒の暴れる患者さんなど等いろいろな患者さんを看ますが、後方ICU(というか後方ベッド)でも基本的に1人が受け持つ人数が少ないのです(多くても4名程度だったかな・・・?)。外科病棟では2部屋とかですからね・・・10名?くらい。そういうギャップにもはじめドギモを抜かれました。普通に病棟に配置された看護師さんたちにとっては当たり前のことでしょうが・・・。夜勤と時などはモニターが無いのに、どうやって急変を知ったらいいんだろう・・・なんてどうしようもないことを心配してドキドキしてましたが、慣れてしまえばなんてことはありませんでした。あとは病棟のやり方になれることができないとか・・・そんなこんなで、いっぱいギャップがあるんですよね・・・。やはり「トコロ変われば・・・」といった感じなんですよね。
217
> SHIOさん

そうですよね・・・一般的にはそんなイメージありますよね。私も入職する時はそんな風に思っていました。そして入職して救命救急で働いている時は、そんな風に思っていました。でも救命救急を辞めて、いろいろな部署を経験したら、「救命救急なんて患者さんにとっては入り口でしかなくて、患者さんの本当の病気との闘いとか苦労はそこから先にあるんだ!」ってことに気づいたんですよね。で、考えてみたら、「なんだ!全然救命ってすごいわけじゃないじゃないか。患者さんを助けるための氷山の一角みたいなものだな~」と思うようになりました。確かに初期治療はオールラウンダーかも知れないですが、できないこともいっぱいある!細かい「生活習慣病指導」とか「手術後の生活指導」みたいなところは1からお勉強でした(汗)。
たとえ同じ部署であっても、A救命救急の看護師がB救命救急にいったら戸惑っちゃうこともあるんですよ!私の友達はそれで大変悩んでましたから。
イメージ先行型は辛いですね。SHIOさんほどのハイスペック技術職でもそうなんですもの。私なんて、どうすりゃいいのよ~という感じでした(笑)
236
人材紹介の仕事をしており、よく看護師さんから質問をうけますね~勤務部署の違いで専門用語が違ってきますものね。
転職される方で特に多い質問は子育て後のブンラクがある方です。
きちんと復帰できるか?
プリセプターなど教育体制がきちんと整った所がある病院あるか?

この体制がが整ってきている病院も最近は増えてきていますが、忙しくなかなかうまくいっていない所も多いですね。

いろいろな部署を早い段階で経験する事がなにより近道です。病院によっても経験できない診療科目ありますからスキルアップで転職されるナースも結構多いですよ~。






243
> めさいあさん

人材紹介の仕事をされているということは、勤務部署変更に伴う苦悩をわかってくださるスペシャリストさんですね。そうなんですよ。専門用語が違うんですよね。まさに隣の病棟は似て非なる部署なんです。
子育てブランクのある人もきっと大変ですよね。経験年数10年あったとしても、その間に子育てで3年とか5年とか間が空いてしまうと(そして完全に臨床の現場から離れて場所に身をおいてしまうと)、復帰する時に「ついていけるかしら?」って思うのではないでしょうか。続けていて部署を変わっただけであっても結構なリアリティーショックがありますもんね。
私もかなりのジプシーナースですが、転職等ありましたら、めさいあさんに相談したいと思います。その時はよろしくお願いします!有り難うございました。

コメントを投稿する
Trackback
trackback URL
→http://inkdrinker.blog6.fc2.com/tb.php/79-f0d2e707
TOP
preface


welcome
ご訪問いただき有り難うございます。当ブログはナースyoyocoの日常を綴った”勝手に看護覚え書”です。ほぼ自己満足で出来上がっており、医療に役立つ内容にはなっておりません。日々働く中で考えたこと、感じたこと、そして周りの楽しい仲間達について、私的視点から描いています。興味のある方はどうぞご覧ください。

Attention
画像と文章を無断で使用することはおやめくださいませ。下手なりに一生懸命描いております。

what's new
memo


更新速度停滞注意報発令中!
コメントや拍手をくださる皆様、有り難うございます。仕事の都合上、お返事が遅れてしまう場合が多々ありますが、気長にお待ちいただけると嬉しいです(汗)本当に申し訳ございません。陳謝!

ログ部屋建設計画・・・頓挫中。

link



★Inexperienced worker★
音楽好きのお友達アッキーのブログ。

counter

timer


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。